西部ガステクノソリューション

導入事例紹介
導入事例紹介

学校法人 君が淵学園 崇城大学薬学部 さま

崇城大学さまは薬学部、生物生命学部、工学部、情報学部、芸術学部の5学部13学科を擁する総合大学です。国際化と情報化に対応できる人材育成をモットーに、魅力ある大学づくりに邁進されております。
薬学部は平成17年度に開設され、臨床に強い薬剤師の育成を目指されております。

導入先

ガスヒートポンプエアコン

名称 崇城大学 http://www.sojo-u.ac.jp/
崇城大学薬学部 http://www.ph.sojo-u.ac.jp/
所在地 熊本県熊本市池田4-22-1
用途 大学
延床面積 約10,200m²
竣工 平成17年4月
受託サービス
対象機器
ガスヒートポンプエアコン 1,786kW
お客さまの声
薬学部校舎と生物科学研究棟の空調において、ガスエネルギーシステム受託サービスを採用しました。建設コストの削減メリットはもとより、エアコンの状態を通年24時間に亘り遠隔監視してもらえる事から採用に踏み切りました。
薬学部の空調設備に関しては、企画・提案から建設、設備メンテナンス、スケジュール管理まで全てをアウトソーシングしております。

導入の背景

薬学部の新築計画に際し、熱源設備のイニシャルレス(投資額低減)、設備保守管理の省力化(設備メンテナンスの外注)、信頼性の向上(24時間遠隔監視)等のワンストップサービスとアウトソーシングをご提示し、学生及び職員の皆さまが学業・教育に専念できる環境づくりの一翼をお手伝いさせていただきました。

導入の流れ

導入効果

当社の受託サービスはイニシャルレスで設備を所有することがないため、お客さまの費用を増大させることなく建設コストの削減が実現できます。 また、専門の技術員による省エネサポートを始めとするエネルギーコスト削減のアドバイス、メンテナンスや緊急時のトラブル対応など導入後のアフターフォローが充実していることもあげられます。

ページの先頭へ

ページの先頭へ